SFAの導入で得られる好影響の部分

SFAはそれを導入した企業の営業効果に、幾多もの好影響を与えてくれます。例えば営業社員の個人レベルで見た場合では、接点記録の作成が手軽になり、スピーディーな作成と提出が可能になります。これはIT機器を用いることで、簡単に接点記録が記入できる為であり、そしてスピーディーな提出は、インターネット回線を用いることで社外からでも送信による提出ができる為であります。そのデータ送信はインターネット回線を利用しますが、勿論バーチャルプライベートネットワークを用いることが一般的でありますので、安全な接続環境の下、送信による提出が行えます。また、営業に必要な様々な資料などの情報データも社外から準備できますので、営業社員は何処からでも営業の準備作業が行えます。そして企業レベルで見た場合では、SFAは提出された営業データを刻々と記録しますので、報告がある度に企業の営業資産が増えることになります。

SFAは個人資産だったノウハウを会社の資産にする

営業は時として、想定外の方向に進む場合もあります。例えば、その時はまるで気が付かなかったことでありましても、後から振り返った場合、それが大きなキーポイントになっている場合もあります。結果を知った後では極めて当然の事実でも、実際のその時では全くその発想が無かった場合もあります。この様なケースでありましてもSFAを導入している場合では、契約までの流れを細かく記録しておくことができますので、よりその事実を浮き彫りにした上で読み解くことができます。これまでは営業社員が個人でそれを噛みしめて、自らのノウハウとして蓄積してきた情報でもありますが、SFAを導入していますと会社のデータベースにも同時にその情報がストックされますので、会社の有益な資産にすることができます。そしてその情報を他の社員で共有してリアルタイムで閲覧することができる点も、SFAの大きな利便性となります。

SFAには高機能タイプやシンプルタイプなどがある

営業活動をITの側面からサポートしてくれるSFAは、今や幾多もの会社で導入されているソリューションの一つです。そしてその進化により、多くの機能を搭載する製品では、もはや営業活動のサポートでは納まり切らない高機能なSFAも存在しています。そこで留意する点と致しまして、例え高機能な存在でありましても、使い切らなければ効力が発揮されないという一面もあることです。その為、導入する場合では必要な機能を搭載した製品を選択し、それをフル活用した方がSFAとしての真価が発揮できる場合があります。このソリューションは営業に効果をもたらしてくれる極めて優れた技術でありますが、的確に活用してこそ意味が生まれますので、その部分はとても重要な事柄でもあります。その為、使わない機能が多くて操作が複雑なタイプよりも、役立つ機能を限定して搭載する使い易いタイプの方が有用性が高い場合もありますので、導入時にはその点を検討することも大切です。

同じところに複数回別々の担当から電話をしてしまったことはありませんか。SFAならよくあるミスを予防できます。 ネクストSFAは見込案件をどのタイミングでどういう風にアプローチするべきか教えてくれる画期的なツールです。 未だに一部の企業では、非効率な営業を続けています。非効率な営業は成果が上がらないばかりか営業マンを疲弊させる最悪なものです。