SFAでは活動情報を上司と部下で共有できる

営業の仕事ではまずは会議などがあります。会議室で行うような会議ではなく自分の席などで行う話し合いです。上司から部下に対してのこともありますし、深から上司に対して行うこともあります。最初に話し合いが行われればその後はそれぞれで活動をします。顧客とのアポイントメントがあればそのために外出をしますし、何らかの資料作成をする必要があればそれを行うなどになります。SFAにおいては活動情報を上司と部下で共有することができるとされています。通常は共有できている気になってはいながらも完全に共有はできていません。またタイムラグがあります。日報などでその日の報告をした時にやっと部下の活動を知ることもあります。システムを利用すればまさに今行っている活動を知ることができるので、それを元に指示をすることができます。部下もその時に相談ができます。

SFAを社内に根付かせるには

SFAの一つの機能に報告書作成があります。報告のタイミングは日報であったり商談ごとであったり、企業によって運用は様々です。しかし、どちらの形態であっても、担当者に入力の「癖」をつけることが必要です。営業であったらスマホによって移動時などの隙間時間での入力を可能にして負担を減らしたり、中には評価の対象にして入力を義務づけたりしています。しかし、一番効果のあるのは上司が部下に対して反応をすると言うことです。商談に行き詰っていたり自社内の課題に困っていたら、関連部署に適切な処置を指示するなどの反応を返し問題を解決できたら、担当者も入力する意義を感じ始めます。また、商談を勝ち取った担当者に対しては、労ってあげた上にその他の担当者に転送し商談を勝ち取った事例にすると、担当者も励みになりますし他の担当者にも参考となります。SFAの入力は担当者の負担になりますが、社員に根付かせるには意義のあるもの、励みになるものにすることが肝心です。

SFAは営業部署のミカタです。

SFAとは「SalesForceAutomation」の略語であり、営業支援システムと呼ばれるものです。SalesForceAutomationは会社や企業などで情報の管理や営業活動の状態などを効率化するための情報システムやソフトウェアです。主にどの様な役割を持つかというと、顧客や営業によって顧客になり得る可能性のある方などの情報、また営業活動の記録や管理を行います。これまでの商談記録や、現在行われている商談の記録など、営業活動に必要な情報を担当者だけでなく営業部署全体で把握するというものです。SFAを使用することによりだれもが顧客の問い合わせや商談について回答することが出来るのでスムーズな営業活動を行うことが出来ます。適切なサービスの提供や提案などを行うためにはなくてはならないものと言えるでしょう。