SFAで営業活動の情報を共有

経験のある営業担当者は多くの顧客に対していろいろな商談を行っています。成功した商談もあれば失敗をした商談もあります。その経験からこのようなときにはこうすればいいなどの法則を持っていることがあります。経験がない人はそういったことを知りませんから失敗をします。失敗をすれば将来的には経験につなげることができますが、失敗をするたびに商談を失うのも事実です。SFAにおいては営業活動の情報を共有することを目的とすることがあります。まずは経験のある営業担当者がどんどん入力をしていい商談結果、良くない商談結果が入ります。経験がない担当者はこの情報からできるだけ良い営業活動になるように行動するようにします。そして成功をすればその情報も入れていきます。そのようにすれば商談のデータベースが出来、経験のない人でも商談を成功しやすくなります。

SFAで顧客情報を蓄積してマーケティング

営業活動では重点的に市場を絞って行うことがあります。地域的に絞ることもあれば業種を絞ったり規模で絞ったりすることがあります。そうすることで効率的に行えますし、情報も集めやすくなります。せっかくそのようなことをしてもそれが将来に活かされなければいけないでしょう。かつてこのようなことをしたから今度も上手くいくではなく、なぜうまくいった等がわからなければいけません。SFAの利用としては、顧客情報を蓄積してそれをマーケティングに活かすことがあります。一つの会社の情報も重要ですが、業種ごとに情報を集め、それを利用して今後の営業活動に活かせるようにします。そうすれば無駄も少なくなります。成功したことがあればそれを元に再び行うことができます。失敗をしたならその原因を分析することで問題点を見つけ出し、失敗しないようにすることができます。

営業成果を上げるためにSFAを利用する

会社においてパソコンなどを利用する目的としては仕事の効率を上げるためがあります。文章を作成するのでも手書きで書くのでは時間がかかります。見積もりなどでも時間がかかります。その他の作業でも手作業で行うよりパソコンを利用することでどんどん効率化することができます。営業の仕事においてもパソコンが導入されていますが、かと言って営業成果が上がるわけではありませんでした。営業成果を上げるためのシステムはないかとのことで導入が進められるのがSFAです。営業の活動を支援する、活動で出てくる情報の共有化、情報の分析などを行ってくれるとされています。これまで勘や経験が必要とされていた業務を定型的に行えるようにするための仕組みとされています。素人で入社したての社員でもこれを利用することでベテラン社員のような営業活動が行えるとも言われます。