SFAはマネジャーや先輩の差をなくせる

4月1日には多くの会社で入社式があります。さすがにこの日に配属が決まることはありませんが、研修が終われば続々と配属が決まります。同じ営業部でもすべての人が同じ部や課、係ではありませんから上司や先輩、同僚などはひとによって異なります。良い上司や先輩の組織になればいいですが、あまり評判の良くない組織に入るとなかなか仕事もうまくいかないこともあります。SFAにおいては、マネジャーや先輩などによらずに自分で仕事ができる仕組みがあります。仕事をするときに先輩などからアドバイスをもらうことがありますが、いい先輩でなければ教えてもらえないことがあります。システムを利用することでそういった情報を広く自分で得ることができます。場合によっては組織を超えて別の部署の先輩などと相談をすることができたりするので、組織に関係なく充実した営業活動が可能になります。

SFAなら上司とのコミュニケーションが密

上司と相談したいけども上司はいつも忙しそうです。先輩と同行をしたり、他の部との会議や打ち合わせがあるようです。とても話を聞いてもらえそうにありません。日報では一応報告はするものの、特にコメントなどはなく、そのまま行うようになどと記載されているだけです。商談がうまく行っていればいいですが、うまく行っていない時は相談に乗って欲しいのですが気軽に行うことができません。SFAでは上司と部下とのコミュニケーション手段の役割があります。基本的には部下が情報を入力しそれを上司が確認して必要に応じて指示を出したりします。日報などだと時間差がありますがシステムであれば逐一行うことができます。上司が出張などをしているときは自分の判断が多くなっていましたが、出張先からシステム内容を見てくれていて指示を出してもらえることがあります。

SFAというシステム

SFAは、SalesForceAutomationの略式で企業でよく利用されている情報システムです。企業では営業活動が売り上げの向上に繋がることも多く、効率よくスムーズに行うことが可能となり、SFAは、ソフトウェアの一種で営業活動を効率化するシステムであり、このシステムを活用することで効率よく営業活動を行うことができます。SFAは、営業活動を行う営業マンの行動を管理することができるので、営業マン個人しか知らない情報をシステムを使って共有化することができるので、人事異動などがあった場合でもすぐに受け継ぎをスムーズに行うことができたり、情報を共有化することで企業内で情報の分析をすることができたりするというメリットがあるため、活用している企業も多くあり、今まで共有化することのなかった情報を共有することにより得られるメリットが多くあります。