SFAの優れる点は営業進度を視覚的に確認し易い点

SFAの優れる利点には、現在の営業進度を視覚的に確認し易いという点を挙げることができます。営業活動では人との出会いが、進度その物に大きな影響をもたらすことが多々ある業務でもあります。それ故に時として、ある意味先の見えない部分が多くある仕事でもあります。例えばその契約を取付ける場合には、特定のキーパーソンに会うことが不可欠なケースもあります。人事異動などで初めてその営業に携わる場合では、それを知ることが困難な場合もありますが、SFAを導入しており、過去の契約事例がある場合では、それを一から流れに沿って確認し直すことができます。その蓄積データと現在の自分の営業進度と照らし合わせて会うべき方々を確認し、成功事例の流れを再現する際にも大きく貢献してくれます。これはSFAならではの効果であり、このソリューションが優れる要素の一つです。

入力を強制するSFAは使われない

経理においてコンピュータ無しでの運用は考えられません。手作業で行うのに比べて格段に事務作業が減るからです。コンピュータが苦手な人でも同じ仕事を効率的に行うためにコンピュータの勉強をするでしょう。一方でコンピュータシステムで管理することに疑問を持たれるシステムがあります。この場合人によっては入力の必要が無いため、入力を強制しないと使ってもらえないケースがあります。SFAは営業の活動を支援したり管理するためのシステムです。これまで個々の営業担当者の能力で行われてきた営業活動を効率化できるとされますが、うまく利用しないと入力を強制して作業が増えるだけになります。これだと営業活動の効率化にもつながりません。自分で勉強してでも使いたくなるような仕組みになってはじめて意味があります。導入にあたっても使う意味を伝える必要があります。

SFAでは数値管理を行っている

営業の仕事の中で重要なこととしては売上を上げることです。会社の利益に関しては売上の積み上げがなければありえないことですからこの数字が上がることで会社の業績も上がります。これまでノルマなどで管理をすることはあってもどのようにしてその数字を達成するかについての管理ができていない場合がありました。経験の少ない担当者などは特にノルマに苦しめられるようなことがありました。SFAの導入によって数値管理を容易にすることがあります。ノルマに関してはどの会社でもそれぞれあります。目標値として掲げられることもあれば予算として挙げられることもあります。それをどのように達成していくかについて入力をすることで管理をします。単に売上だけでなく、それに関わる数字なども入力することによって足りないことがあればそれを行うことで売上が伸びるように努力ができます。